読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師が語る「死を目の前にして、人が最も後悔すること5つ」

長い人生の中で誰しも後悔することはあるかと思いますが、私たちは死を目前にした時にいったい何を思い浮かべるのでしょうか?

看護師として働いていると、日常の中で人の死と向き合う機会が自然と多くなります。患者にとっても身近な存在であるがゆえに、最後に後悔の念を伝えやすいのでしょうか?

死を目前にしたとき、人はきっと、人生を振り返るだろう。そして、「こうしてたらよかった」という後悔に想いを馳せることがあるだろう。緩和ケア病棟で働き、たくさんの患者と死を目の前にした時間を共有してきた看護師が語る、「死を目の前にして、人が最も後悔すること5つ」とは。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2639270

緩和ケア病棟で働き多くの患者の死を目にしてきた看護師が語る、「人が死を目の前にして、最も後悔すること5つ」は下記とのこと。

 

1:他の人に言われた人生ではなく、自分の行きたい人生を生きればよかった

2:そんなにたくさん働かなければよかった

3:自分の気持ちに正直に生きればよかった

4:友達とコンタクトを取り続けるべきだった

5:自分が幸せでいることを、もっと大切にすればよかった

 

どれもとてもシンプルで共感できる内容ですね。また、お金持ちになりたかったなど実現が難しいものではなく、意識して行動さえすれば実現できる内容という点も興味深いです。

この5つに関して後悔することのないよう日々を過ごそうと思います。